2018.05.13更新

光回線とプロバイダの関係は知ってる?

自宅に光回線を引き込みインターネットに接続するために、光回線の契約と同時にプロバイダとの契約が必要になるのをご存知でしょうか。
回線契約だけ済ませれば、インターネットに接続できるのものと勘違いする人がいますが、それは大きな間違いなのです。
あくまでも回線の契約だけなので、接続業者であるプロバイダとの契約も必要です。
プロバイダ契約時に発行されるIDとパスワードをルーターもしくはパソコンに入力しないとインターネット回線には接続できないので覚えておきましょう。

光回線とプロバイダの関係が理解できたところで、次にプロバイダ選びについて考えてみましょう。
実はプロバイダ事業には複数の企業がサービス提供者として参入しているのをご存知でしょうか。
有名なところで言えば、携帯電話会社や電力会社で、その他にも不動産会社などもサービス提供者として参入しています。
それぞれの企業が提供するサービスには特徴があり、あるところは月々の利用料金が極端に安かったり、あるところはオプションサービスが充実していたり、光回線との関係があるものなど、いろいろなタイプがあります。

はじめてインターネット回線に接続する素人にとっては、その違いは非常にわかりにくく、どこを選べば良いのかわかりません。
そこでおすすめなのが、家電量販店やパソコン専門店のスタッフが紹介するところです。
なぜなら、素人にもわかりやすい料金設定と充実したオプションサービスがあるからです。
インターネット回線の初期設定が無料になることが多いため、初心者にもおすすめできます。

プロバイダのことが理解できたら、あとは光回線とプロバイダの契約をするだけです。
契約は家電量販店だけでなく、ネット上や様々なショップで行うことができます。
実のところ光回線もプロバイダと同じように複数の会社が参入しているので、その辺りのことはスタッフに相談をしてみると良いです。
光回線の契約とプロバイダの契約を組み合わせることで、月々の利用料金が安くなる場合もあります。
家電量販店やパソコン専門店など、誰かに契約を手伝ってもらう場合は、ここで理解をした関係性についてもう少し突っ込んだ質問をしてみるのも良いです。
より的確なサービスを紹介してくれ、月々の利用料金をかなり安くできることに間違いありません。

まずはインターネット回線における様々な情報を集めてみることから始めてみましょう。
いろいろ調べれば自然と知識を身につけることができます。